美容液浸透 シャンプー 危険

美容液浸透 シャンプー 危険

企業の広告では〈美容液浸透成分配合〉、〈美容液浸透技術〉等と謳っているのをよく耳にされる方も多いと思います。

いかにも美しさを引き出してくれる夢の様な技術に思えますが、実際のところどうなっているのでしょうか。

人体のメカニズムも踏まえて色んな視点で紐解いていきたいと思います。

まず大前提ですが、市販のシャンプーや化粧品には美しさを増長させてくれるような成分は含まれていません。

美容液浸透 シャンプー 危険成分や原材料を解析すると人体にとって安全面で疑問が多く残るものが配合されています。

総合的に判断しても美しさを増長させてくれる働きは、市販のシャンプーや化粧品にはないでしょう。

仮にシャンプーや化粧品に美に対して効果のある成分が含まれていたとしても、それらが皮膚に吸収されることはありません。

人間の身体の構造は素晴らしいもので、自然に備わっているバリア機能があります。

効果を得るためには皮膚のバリアよりも更に深くに成分を浸透させることが必要です

細胞は一番深い〈真皮層〉、角質の下にある〈有機層〉、皮膚表面の〈角質層〉に分かれて徐々に変性していきます。

細胞の変性途中の層に微弱電流の電磁バリアがあり(0.0何ボルトの電気が流れています)、このバリアが水も化粧品もすべて深い内側に入らない様なバリアの役割を担っています。

(例:お風呂で寝てもバリアが働くためにパンパンにはならずに少しふやける程度です。しかし水死体は水を吸って身体がパンパンに膨れます。それはこのバリア機能がなくなり、水を身体に取り込んでしまうからです。)

ですので企業はこのバリアを破るために、浸透効果の強力な界面活性剤を使用して、変化をもたらすような化学物質を真皮奥深くに届ける努力をしています。

バリアが崩れることで、保護機能がなくなりその他の色んな物質も取り込むことになるので実はこのことは非常に恐ろしいことです。

しかも、バリアを壊して浸透させるものが美容成分ではなく人体にとって作用が計り知れない物質ならば、バリアを壊した代償は後にとても大きなものになるでしょう。

美容液浸透にまつわる事件で過去に悲しい事件があったことをご存知でしょうか。

『カネボウ化粧品の白斑被害』です。

これは真皮の奥深くにあるメラノサイト(色素)細胞が壊されて、皮膚の色が抜けて部分的に白い斑点模様が出来てしまった事件です。

これはバリア機能を合成界面活性剤の乱用によって壊し、メラノサイトを攻撃する成分が浸透してしまったことにより発生してしまいました。

合成界面活性剤は強力な洗浄効果を持つだけではなく、他の化学物質を細胞レベルまで取り込むのを助ける役割も持っています。

企業のイメージ戦略に惑わされていてはいけません。

知識を蓄えて危険なものは生活から退けて、自身の状態に合ったシャンプーを使うようにしましょう。

少ないですが探せば髪や人体に安全で優良なシャンプーは存在します。

傷んで死滅したキューティクルを再生させる機能を持ったシャンプーも存在します。

自分の髪や頭皮の状態をしっかりと把握できる様にして、コンディションに合ったシャンプーを使う様にしましょう。

巷では色んな情報が錯綜していますが惑わされずに情報を見極める目も持ちましょう。

コメントを残す

コメントを残す