ツヤ シャンプー 危険

ツヤ シャンプー 危険

髪本来の〈ツヤ〉とはどういう状態なのか理解している人は多くありません。

昨今では大手企業のシャンプーで〈ツヤ〉を出すという宣伝広告で多くの商品が販売されています。

市販品の安価なシャンプーはどの様にツヤを演出しているのでしょうか。

CMなどの広告宣伝では言えないことをご紹介します。

ツヤ シャンプー 危険髪本来のツヤのある状態というのは光を当てると通称〈天使の輪〉ができます。

その状態の時の髪を拡大してみると、キューティクルが損傷なく整列しており光が乱反射しません。

勿論その際には髪は裸の状態になっていることでしょう。

実はシャンプーの際に化学物質で刺激を与えずに、頭皮や髪の汚れを落とすだけならば、誰でも綺麗なツヤのある髪を保てるのです。

しかし近年では様々な化学物質が蔓延する様になりました。

今では化粧品業界でも食材でも余分な成分が含まれていない、本当に安全なものというのは非常に少なくなりました。

大企業のシャンプーは髪の〈ツヤ〉を偽装演出しています。

ツヤの演出に一役買っているのがビニール配合のポリマーです。

このポリマーは水と結合しやすい性質のものが含まれていることが多いです。

そして水と結合されたポリマーは潤いのあるツヤのある状態を演出出来るのです。

ポリマーで髪をビッチリとコーティングしてしまうと髪は徐々に窒息死の状態になり本来の健康状態を損ないます。

また、ツヤを演出させている成分として挙げられるのが合成油分です。

ツヤ感を売っているものであれば髪にまとわりつく比較的重量感のある油分である場合が多いでしょう。

こういった油分は髪のささくれだったキューティクルの間に入り込んでいきます。

そして油分はツヤ意外にも指通りをも演出してくれます。

この合成油分がつく状態にするためにはキューティクルのささくれ立った状態が必要です。

〈石油系合成界面活性剤〉の持つ強力な洗浄力で髪を洗うことでキューティクルは損傷し合成油分のつきやすい状態になります。

そして界面活性剤の〇〇クロリドと表わされる〈カチオン〉という物質もツヤを演出します。

カチオンはリンスやシャンプーをクリーム状にさせる役割や静電気を抑えたりするのに多くの商品に含まれています。

また粘度性が高いことから髪のまとまりを演出する機能も持っています。

しかしこのカチオンは皮膚刺激が強く、アトピーやアレルギーの原因とされていて使用を続けると皮膚の炎症を発生させる可能性があると分かっています。

最後に〈ツヤ〉を演出してくれる成分としてはシリコンが挙げられます。

シリコンも油分同様にキューティクルのささくれ立った隙間に入り込んで付着し蓄積していきます。

シリコンのコーティング作用で髪の艶を演出してくれて、まとまりが良くなった様に感じます。

しかしシリコンは蓄積していくという性質があります。

そして髪に付着した内側の古いシリコンから徐々に酸化が始まります。
酸化されたシリコンはタンパク質を強力に溶かす作用があります。

結果、髪の中身は空洞化しシリコンだけが残るシリコンヘアーにもなります。

髪が傷んでセットが出来なかったり、シリコンヘアーになるとドライヤーやアイロンで形を作ることが必要になります。

しかしシリコンは繰り返し180℃以上の熱を掛けることで、「シロキサンガス」を発生させます。

この「シロキサンガス」は超酸性の人体にも有毒なガスです。

また「シロキサンガス」には物を腐らせて溶かす作用があります。

※因みに余談ですが、昔は電線をシリコンでコーティングして導線になっていました。

熱が断続的に導線に加わることでシロキサンガスが発生して導線をも切ってしまうという事故も実例でありました。

市販のシャンプーはポリマーや合成油分、シリコンを髪に付着させてツヤを演出して健康そうな髪に見せてくれます。

しかし時間の経過とともに髪がパサついたり痛みが激しくなります。

儲け第一主義で考えている企業のシャンプーの使用はやめた方が髪や身体のためです。

求めやすい価格の安心で安全なシャンプーはちゃんと存在します。

また傷んだキューティクルを再生させたりする機能を持つシャンプーもあります。
(大手企業のキューティクル再生機能は全て嘘です)

知識をつけて自分の髪の状態に合ったシャンプーを使いましょう。

巷では多くの情報が錯綜していますが、本質を見極める目をしっかりと持ちましょう。

コメントを残す

コメントを残す