さっぱり シャンプー 危険

さっぱり シャンプー 危険

さっぱりと爽快な洗い上がりを売りにしているシャンプーが流行っています。

さっぱり感を演出するものとしては清涼感が代表的な感覚でしょう。

清涼感はメントールという精油で演出できます。

メントールは揮発性の油で揮発の際に気化熱で熱を奪い、それが洗い上がりの清涼感につながります。

さっぱり シャンプー 危険

メントール自体は悪いものではありませんが、清涼感だけという部分的な見方でシャンプー選びをすると抜け毛や薄毛、炎症などの大きな代償が待っている場合があるので注意が必要です。

さっぱり感を演出してくれる成分のメントール以外の他の物質にも目を配らせた方が良さそうです。

洗い上がり感を演出するために強力な洗浄成分のある石油系合成界面活性剤が含まれていたり、原価を下げるために塩化Naが含まれている場合がほとんどです。

それらの成分は髪や人体にとってプラスの作用は働きません。

真のさっぱりとは何なのでしょうか。

人によって定義が違う抽象的な感覚なので一概にはいえません。

凄い話になりますが、技術を突き詰めてちゃんとした頭皮ケアを行うと血の巡りが良くなって肩コリや頭痛までもが改善されるばかりか老廃物の排出も活発になるという技術も存在します。

一部的な洗髪、そして一部的な効果を求めると代償が大きい可能性もあります。

シャンプー選びには原材料やもたらす効果などから総合的に判断することがとても大切になります。

コメントを残す

コメントを残す