炭 シャンプー 危険

炭 シャンプー 危険

シャンプーの原料で炭を使っている商品があります。

ここでは炭の効果について紹介します。

炭の特徴としては分子量が大きく、分子から伸びている結合肢が4本あります。

結合肢に、汚れや臭いが強力にイオン吸着してくっつく特性があります。
(因みに多くの人が炭の小さな穴に臭いが吸い込まれるという認識を持っていますが違います)

炭 シャンプー 危険炭自体は化学変化をしないので体にとって悪い作用はしません。

しかし注意しなければいけないのは、炭の分子量は大きく毛穴に詰まりがちな点です。

毛穴に炭が詰まってしまうと頭皮が呼吸できなくなり、髪に栄養が届きにくくなり抜け毛の原因にもなります。

炭は分子が細かいほど良いですが、指でざらつきが確認出来てしまう程度では髪や頭皮においてはつまりの危険性があります。

ミクロレベルだと大きすぎるので、ナノレベルの大きさになると活用のしやすいです。

しかし炭ばかりに着眼点を置かず、原材料を総合的に理解し判断する知見を持ちましょう。

部分的に有効成分が入っていても石油系界面活性剤や劇薬の原料が含まれているのであれば、せっかくの効果は台無しです。

しっかりとした知識を蓄えて、髪や頭皮にとってベストなシャンプーを選ぶようにしましょう。

巷では色んな情報が錯綜していますが、惑わされずに情報を見極める目を持ちましょう。

コメントを残す

コメントを残す