低刺激 シャンプー 危険

低刺激 シャンプー 危険

薬局などで販売している市販のシャンプーが危険かも知れないということが徐々に一般的になってきました。

その中で人気があるのが〈低刺激シャンプー〉です。

ネットで商品検索してみると

『敏感肌の方にオススメ』

低刺激 シャンプー 危険

『低刺激で肌に優しい無添加シャンプー』

などと書いてあります。

しかし無添加=低刺激というわけではありませんので注意が必要です。

無添加とは「有害表示指定成分」として認定された102種類の物質を含まないことを無添加といいます。

しかし無添加のもので原料や成分が「表示指定成分」に指定されていなくても、即毒性がないだけで安全とは言い難い成分も含有している可能性が高いので注意が必要です。

日本で無添加とされているシャンプーの使用を続けることでアレルギーや炎症になる可能性も十分に考えられますので『無添加』、『低刺激』、『オーガニック』という表記には惑わされないようにしましょう。

また、『パラベン不使用』や『石油由来科学合成物無添加』という表示のものもあります。

この落とし穴にも注意をして下さい。

植物由来の原料からでも〈ケミカルなもの〉、〈危険なもの〉として避けられている合成界面活性剤や防腐剤をつくることができ、まぎれもなく〈化学の力〉です。

ですが界面活性剤や防腐剤にもトウモロコシやエゴノキといった植物が原料になっていることを強調している会社が非常に多いです。

さらにひどいのは
『ラウリル硫酸ナトリウム、パラベン、TEA不使用』

『界面活性剤にはトウモロコシ由来の成分を配合』

として界面活性剤の危険性を認識しているふりをしながら、実際には同等の洗浄力のある強い合成界面活性剤を配合しています。

ラウリル硫酸ナトリウムは異常に強い洗浄剤で、人体には禁止することが当然ともいえる成分です。

しかしこういった類の商品には〈ラウリルスルホ酢酸ナトリウム〉という成分が配合されていたことがありました。

〈スルホ〉とは硫酸を意味し、れっきとしたラウリル硫酸ナトリウムの仲間です。

〈低刺激〉とはなんとも曖昧で、イメージ戦略に重きをおいた方法だと感じます。

成分の表現を曖昧に濁している商品は少し懐疑的に見てみた方が良いでしょう。

良かれと思って使っていても、実は体にはダメージが蓄積しているという場合も少なくありません。

因みに厳密にいうとシャンプーの性質としてプラスイオン性とマイナスイオン性があります。

イオン性は表示成分をみても分かりませんが髪にとってはマイナスイオン側に持っていくと健康状態として良いとされています。

しかし、マイナスイオン性というのは静電気が発生しやすい性質を持ちますので、汚れやホコリを吸着させてしまい皮膚には悪さをする可能性もはらんでいます。

低刺激という観点からするとイオン性質が±0(ノニオン状態)のものが良いと思います。

メーカーにイオン性質について質問する機会があればしてみると良いかもしれません。

この質問に応えることができない様だと製造者としては失格でしょう。

企業によるイメージ戦略には惑わされずに、しっかりと知識を付けて自身の髪や頭皮の状態を把握し、状態に合った最良のシャンプーを使用して下さい。

コメントを残す

コメントを残す