ボタニカル シャンプー 危険

ボタニカル シャンプー 危険

最近はボタニカル女子というワードが生まれるほど〈ボタニカル〉という言葉を頻繁に聞くようになりました。

植物の持つ力を健康や生活に取り入れようというのが、流行りのボタニカルというものなのです。

おしゃれなショッピングスポットに数多く出店し、若い人達に人気の外資系オーガニックブランドで販売されているシャンプーのHPには次のような説明がありました。

『オーガニック植物をはじめとする天然成分だけを配合しています。

ボタニカル シャンプー 危険ノンシリコン&ノンケミカルを実現し、界面活性材にはトウモロコシ由来の成分を採

用。

防腐剤にはエゴノキやテンサイ糖由来の成分を配合しています。』

一見すると安全で効果も高そうに感じます。

なんと上手なイメージ戦略を行うものかと関心しましたが、こうしたやり口はオーガニックコスメに限らず、化粧品全般においてよく見られる手法です。

この会社がいう〈天然成分〉とは〈ノンケミカル〉の対義語として使っているのでしょうか?

しかし植物からでも〈ケミカルなもの〉、〈危険なもの〉として避けられている合成界面活性剤や防腐剤をつくることができ、まぎれもなく〈化学の力〉です。

ですがこの会社の広告分では界面活性剤や防腐剤にもトウモロコシやエゴノキといった植物が原料になっていることを強調しています。

さらにひどいのは
『ラウリル硫酸ナトリウム、パラベン、TEA不使用』

『界面活性剤にはトウモロコシ由来の成分を配合』

として界面活性剤の危険性を認識しているふりをしながら、実際には同等の洗浄力のある強い合成界面活性剤を配合しています。

ラウリル硫酸ナトリウムは異常に強い洗浄剤で、人体には禁止することが当然ともいえる成分です。

しかし実はこの商品には〈ラウリルスルホ酢酸ナトリウム〉という成分が配合されていたことがありました。

〈スルホ〉とは硫酸を意味し、れっきとしたラウリル硫酸ナトリウムの仲間です。

要するに自ら禁止しているラウリル硫酸ナトリウムと同等の成分を使用していたというわけです。

『オーガニック』、『ボタニカル』、『無添加』という言葉に惑わされないようにして下さい。

完全にオーガニック、ボタニカルなシャンプーはこの世には存在しません。

知識を付けて自身の状態を知り、最良のシャンプーを使うようにして下さい。

コメントを残す

コメントを残す