オーガニック シャンプー 危険

オーガニック シャンプー 危険

シャンプーにおけるオーガニック商品についてご紹介します。

健康意識や環境意識の高い方はオーガニックという言葉に敏感な傾向にあります。

多くの人が、オーガニックと聞くと「化学薬品を使用していないシャンプー」と勘違いしていると思います。

しかしオーガニックの定義というのは実はとても曖昧です。

オーガニック シャンプー 危険

原材料の一部にオーガニックの植物を使っているだけでオーガニックの表示が可能です。

市販のシャンプーのほとんどが原料の大部分を石油系の合成界面活性剤や化学物質が占めてオーガニック成分は非常に少量含有させているという場合がほとんどです。

また、オーガニックの原料から成分を抽出する際に強い薬剤を使用することも多いために、オーガニックの表記があったとしても肌や環境に優しいとは一概にはいえません。

日本にはオーガニックを評価する認定制度はありません。

オーガニックの定義が曖昧で信用性に乏しいのが現状です。

オーガニックの原料は値段が高いので、市販のシャンプーは原料の大部分を石油系原料や合成化学物質が占めているのが現状です。

更にいうなれば、オーガニック原料だけで作られているシャンプーは存在しません。

オーガニックだと腐ってしまいますが、それは化粧品では絶対にあってはいけないことです。

腐ることを防ぐために防腐剤を添加しますが、腐らないことは合成以外のなにものでもありません。

また、汚れを落とす効果を持たせるには界面活性剤の役割は必要不可欠です。

多くのオーガニックを売りにしている会社がいう〈天然成分〉とは〈ノンケミカル〉の対義語として使っているのでしょうか?

しかし植物からでも〈ケミカルなもの〉、〈危険なもの〉として避けられている合成界面活性剤や防腐剤をつくることができ、まぎれもなく〈化学の力〉です。

ですがこれらの会社の広告分では界面活性剤や防腐剤にもトウモロコシやエゴノキ等といった植物が原料になっていることを強調しています。

さらにひどいのは
『ラウリル硫酸ナトリウム、パラベン、TEA不使用』

『界面活性剤にはトウモロコシ由来の成分を配合』

として界面活性剤の危険性を認識しているふりをしながら、実際には同等の洗浄力のある強い合成界面活性剤を配合しています。

ラウリル硫酸ナトリウムは異常に強い洗浄剤で、人体には禁止することが当然ともいえる成分です。

しかし実はこの商品には〈ラウリルスルホ酢酸ナトリウム〉という成分が配合されていたことがありました。

〈スルホ〉とは硫酸を意味し、れっきとしたラウリル硫酸ナトリウムの仲間です。

要するに自ら禁止しているラウリル硫酸ナトリウムと同等の成分を使用していたというわけです。

オーガニックでなくとも原料や界面活性剤で安全で効果的な原料を厳選して使用しているシャンプーは存在しますので選び方には注意しましょう。

オーガニックだから一概に全て安心で安全だという考え方をやめた方が良さそうです。

ある日、相談して下さった方が使用しているオーガニックコスメの原料を調べた時に、あまりにも理念から遠ざかった不誠実でひどすぎる中身に憤りすら感じました。

『オーガニック』、『ボタニカル』、『無添加』という言葉には惑わされないよう様にして下さい。

この世には完全なオーガニックなシャンプーは存在しません。

しっかりと知識を付けて自身の髪や頭皮の状態を把握し、状態に合った最良のシャンプーを使用して下さい。

コメントを残す

コメントを残す