DHC シャンプー 危険

DHC シャンプー 危険

DHC社によるシャンプーについて紹介します。

幾つかラインナップがある中で今回はDHCハーバルシャンプーについて紹介します。

広告宣伝では

『スキンケアの発想から生まれた、美髪力を高めるナチュラルシャンプー』

DHC シャンプー 危険

『皮膚の専門家という視点で頭皮と髪へのやさしさと成分を追求したノンシリコンのナチュラルシャンプー』

と宣伝しています。

サプリを販売している会社ですし、一般的には身体の健康に関してはブランドがある企業という認知を多くの方がされているのではないでしょうか。

市販の同じ様な作りのシャンプーとは一味違うのかなという期待が持てます。

内容成分を見ていきましょう。

石油系界面活性剤は含有されていませんでした。

まず、この点は安心できました。

ただ〈塩化Na(塩)〉が配合されています。

塩は使用者にとってはあまり嬉しい作用は少ないと思います。

海に入った後は髪がゴワついたという経験は多くの方がされていると思いますが、その現象が実はシャンプーの際に起きているのです。

原料にシリコンや油分等が含まれているので、目立ったゴワつきがみられないのはその為です。
そして塩と髪の間では浸透圧が違うので、塩が髪の水分を取ってしまいます

塩は髪に残りやすいので常に乾いてしまう状態を作ってしまい、タンパク変性を起こして白っぽくなる作用もあります。

塩を配合すると泡立ちが良くなりとろみも出て安価なため、コストダウンを図るために多くの企業が原料でつかっています。

個人的な感想ですが大企業に関わらず市販品とは、安全性の面で一線を画したシャンプーだったので正直驚きでした。

まだこのシャンプーは購入する価値がありそうです。

しかし、洗浄力や洗い上がりの面では物足りなさがあります。

髪や頭皮に効果や効能を求めるには今ひとつといったところでしょうか。

ですが、市販品と比べるとなかなかいいシャンプーだと思います。
関連コンテンツ

コメントを残す

コメントを残す