花王サクセス薬用 シャンプー 危険

花王サクセス薬用 シャンプー 危険

花王株式会社のサクセスシャンプーについて紹介します。

幾つかラインナップがありますが今回は〈花王サクセス薬用シャンプーエクストラクール〉についてです。

広告宣伝では

『皮脂除去力アップ!毛穴に詰まった脂を落として育毛剤の浸透を助けます』

『フケ・かゆみを防ぎ頭皮や毛髪を清潔に保ちます』

と宣伝されています。

30代以降の男性をターゲットにしたシャンプーです。

清涼感を与えてくれて清潔感を出してくれそうな印象です。

シャンプーのクオリティはいかがなものでしょうか。

内容成分を見ていきましょう。

合成界面活性剤としてかなり刺激的な成分が含まれています。

〈ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム〉です。

非常に洗浄力の強い成分で避けるべき成分のひとつです。

この成分は長時間の使用により髪を弱らせて傷みがひどくなる可能性が大です。

商品を数回使ったくらいでは症状は現れませんが、長年使い続けることで経皮吸収されて化学成分が体内に蓄積されていきます。 そして内臓疾患にも繋がります。

日本は奇形の赤ちゃんが世界でトップクラスに多い国で、その原因はこうした化学物質、合成界面活性剤、食品添加物、農薬とも言われています。

この危険な化学物質は分子がとても小さく、人間の口や肌から体内に浸透していきます。

そして、浸透した化学物質は女性だと子宮にたまると言われています。

子宮内に危険な化学物質がたまってしまうと排泄をすることが難しく、子宮の中が赤ちゃんにとって危険な環境になってしまい、その中で育つ赤ちゃんに当然悪影響を与えます。

〈青1〉の着色料も危険です。

皮膚に対しての刺激があり、炎症などのトラブルを起こす可能性が高いとされています。

タールが原料になって生成され発がん性や催奇形成の疑いがあります。

最後に防腐剤としてパラベンの代わりとして含有されている『エタノール』には注意が必要です。

エタノールは炎症効果があり頭皮をささくれ立たせる様に傷ませる可能性が高いです。

確かに広告宣伝通りに洗浄力を売りにしていますが、非常に過度な洗浄力です。

頭皮の脂を根こそぎ取り除いてしまいます。

そのことで身体が防衛反応で更に脂の分泌を過剰にしてしまいます。

そして洗浄成分の分子量が細かいので経費吸収で体内に成分が取り込まれて内臓疾患を招く危険性が高くかなり注意が必要なシャンプーです。

髪のみならず健康面でも影響があるのでおすすめは出来ません。

企業のイメージ戦略に惑わされていてはいけません。

知識を蓄えて危険なものは生活から退けて、自身の状態に合ったシャンプーを使うようにしましょう。

流通量は少ないですが、髪や人体に安全で優良なシャンプーは存在します。

傷んで死滅したキューティクルを再生させる機能を持ったシャンプーも存在します。

自分の髪や頭皮の状態をしっかりと把握して、状態に合ったシャンプーを使う様にしましょう。

巷では色んな情報が錯綜していますが、惑わされずに情報を見極める目を持ちましょう。

関連コンテンツ

コメントを残す

コメントを残す