石鹸 シャンプー 危険

石鹸 シャンプー 危険

自然派志向の方に人気の高い〈石鹸〉シャンプーについてご紹介します。

市販のシャンプーの多くには刺激の強い界面活性剤が含まれており、界面活性剤以外の他の成分も安全性に関しては微妙です。

そして人体の影響に関して意見の別れる化学成分も多く含まれています。

身体のことを考えておられる方、環境を考慮されている消費者の方は比較的〈石鹸〉シャンプーを使用している方は多いでしょう。

石鹸 シャンプー 危険

〈石鹸〉は身体への負担は少ないので安心して使用することが出来ます。

また汚れに強力に吸着してくれて、すすぎによって習い流してくれます。

一方でかなりの〈ゴワつき感〉、〈きしみ感〉に悩まされている方が多いのも事実です。

実は〈石鹸〉系のシャンプーの汚れを取る成分は油・脂を取りすぎるのが、その原因です。

そして頭皮の皮脂を取りすぎることで、頭皮が荒れてしまって弱くなるケースもあります。

逆に失われた皮脂を補って肌を守ろうと過剰に皮脂が分泌され、毛穴が汚れてしまうケースもあります。

また〈きしみ〉が出るということは髪同士の摩擦力が高いことを指し、擦れて髪を引っ張り合うこともあります。

これら以上のことは抜け毛の原因にもなりますので注意が必要です。

また、熟練の美容師になると〈石鹸〉シャンプーを使用しているお客さんは見て一発でわかります。

〈石鹸〉シャンプーは石鹸カスが毛髪に絡みつき、それが変性して青っぽい、青銅の様な金属っぽい色になります。

そしてその石鹸カスは、頭が蒸れた時に発生する黄色ブドウ球菌等の大好物のご馳走に変わります。

頭に痒みが発生するということは、黄色ブドウ球菌が頭皮を走り回っているという証拠なので注意しましょう。

因みに石鹸カスが付くことでパーマやカラーやトリートメントがかかりにくくなります。

そしてその石鹸カスは付着すると非常に頑固でシャンプーで取り除くのに1年以上かかります。

コメントを残す

コメントを残す