アロマキフィ シャンプー 危険

アロマキフィ シャンプー 危険

ぴとえ株式会社のアロマキフィシャンプーについて紹介します。

広告宣伝では

『自然の力』

『植物の力で洗い保湿・補修する』

アロマキフィ シャンプー 危険『当たり前のことを当たり前に追求した香りと植物のプロが作ったやさしいヘアケアです』

『シリコン、パラベン、鉱物油、合成香料、合成着色料、動物性原料、石油系界面活性剤を不使用』

と宣伝しています。

アロマキフィシャンプーは他の比較サイトでも比較的評判は高い商品です。

宣伝文を読むとなかなか良さそうなシャンプーに感じます。

しかし植物原料でも化学の力で石油系界面活性剤と同じような代物に変身するので〈植物〉というワードにはフラットな姿勢で見ていきたいと思います。

内容成分を見ていきましょう。

汚れを落とす界面活性剤においては確かに石油系の物は使われてはいない様です。

この点は安心しました。

しかし残念だったのが防腐剤に〈フェノキシエタノール〉が使われていたことです。

〈フェノキシエタノール〉は防腐剤や殺菌剤として使われます。フェノキシエタノールは頭痛を引き起こすことがあります。風邪でも生理でもないのに頭痛がやまない場合はフェノキシエタノールが含まれている化粧品をやめることを推奨されています。

そして頭皮に炎症を起こしてしまう可能性が高いです。

フェノキシエタノールは自然界に存在する物質なので、一見すると安全性が高いと錯覚しがちですが天然成分とはいえ作用は非常に強力です。

比較的新しい成分ですが防腐剤として有名なパラベンと同時期に化粧品に使用されていれば間違いなく表示指定成分に加わっているであろう物質です。

この商品を批判しているわけではありませんが注意しなければいけないことがあります。

〈植物〉、〈自然〉というワードには盲目的な信頼をおいてはいけないということです。

純植物性の原料からでも石油系界面活性剤と同じものが生成されます。

また、その様な商品にも絶対に化学物質は含まれています。

汚れを落とす成分や防腐剤として必要不可欠ですので〈自然〉を謳っているからという理由だけで購入することは注意した方が良いでしょう。

とは言うものの、アロマキフィシャンプーは全体的に成分を見るとドラッグストアに売っている安価なシャンプーよりは比較的安全性は高いといえます。

コメントを残す

コメントを残す