ちふれ シャンプー 危険

ちふれ シャンプー 危険

ちふれシャンプーについてご紹介します。

ラインナップが数ある中で今回はちふれクリームシャンプーとアミノシャンプーについてご紹介します。

ちふれという語源は〈全国地域婦人団体連絡協議会〉の略からきています。

ちふれ社は

ちふれ シャンプー 危険『良いものを誰もが手に入れやすい価格で』

『全成分・分量・配合目的・製造年月日を公開』

『その歴史は長く、常に革新的』

という3点を大切にしている会社です。

多くの儲け重視の危険なシャンプーを作る企業とはカラーが少し違う様子です。

まずは、ちふれクリームシャンプーから見ていきます。

残念だったのが石油系界面活性剤やプロピレングリコール等の問題ありの成分がこのシャンプーには含まれていました。

脱脂力や洗浄力が非常に強い石油系界面活性剤である〈ラウレス硫酸Na〉が含まれています。

〈石油系界面活性剤〉の特徴を挙げていきます。

・価格が安価

・洗浄効果が強い
「ラウリル〇〇…」はもともとはエンジンオイルと落とす工業用洗剤の原料で「ラウレス〇〇…」は強度を少し弱めたものです。市販のシャンプーでは薄めてありますが髪をパサつかせたりキューティクルを壊す原因だったりします。

・刺激が強い
乾燥して肌荒れを起こします。目に悪影響を及ぼし障害を招きます。動物実験では受精卵を破壊した実例もあります。原液はトレーラーで「毒」表示をして運ばれます。

・アレルギーやアトピーを引き起こす可能性がある

・分子構造が非常に細かい
分子量が3,000以下の大きさで表皮に浸透し、800以下の大きさで細胞に浸透し、75以下の大きさで血管にまで浸透します。〈石油系〉の界面活性剤は288なので細胞まで浸透し、他の化学物質と連なって経皮吸収するのを助けます

・ジオキ酸という発がん性物質を含む
アメリカの研究ではジオキ酸を取り除くべきだという結論が出ていますが、実行に移している会社はほとんどありません。

・性質としてタンパク質を破壊します。
そのことで、皮膚にダニ、汚れ、ゴミが入り込みやすくなってしまいます。

因みにですが医療業界では〈石油系〉の界面活性剤の効果や影響を学びませんので医者の先生も発がん性の特徴があることを知らないことがほとんどです。

商品を数回使ったくらいでは症状は現れませんが、長年使い続けることで経皮吸収されて化学成分が体内に蓄積されていきます。

日本は奇形の赤ちゃんが世界でトップクラスに多い国で、その原因はこうした化学物質、合成界面活性剤、食品添加物、農薬とも言われています。

これら危険な化学物質は分子がとても小さく、人間の口や肌から体内に浸透していきます。

そして、浸透した化学物質は女性だと子宮にたまると言われています。

子宮内に危険な化学物質がたまってしまうと排泄をすることが難しく、子宮の中が赤ちゃんにとって危険な環境になってしまい、その中で育つ赤ちゃんに当然悪影響を与えます。

〈安息香酸Na〉もかなり訳ありの原料です。

安息香酸Naは主に製品の防腐剤・保存材として企業が好んで使用します。この成分はかなり刺激が強く経皮吸収して染色体異常も招き発がん性があることも分かっている成分です。

アトピーの方にとっては刺激成分が強いので特に避けたい成分です。

安息香酸Naは動物実験によると経口吸収(飲食で摂取)で1g/kgを超えると運動失調、てんかん、けいれんを起こして死亡する実例も挙がりました。

シャンプーは食べるものではないから安全という指摘もありますが、経口吸収よりも経皮吸収の方がタチが悪いです。

経口吸収だと肝臓で解毒されて尿や便となってある程度は排出されます。

しかし経皮吸収だと直接細胞や血管に吸収されたり、排出が困難という側面があります。

成分を薄めてシャンプーに使用していると思いますが配合量は不明です。また人体にとっては有害ということがはっきりと判明しているのでアトピーの方でなくても避けたい成分です。

また他にも〈塩化Na(塩)〉が配合されています。

塩は使用者にとってはあまり嬉しい作用は少ないと思います。

海に入った後は髪がゴワついたという経験は多くの方がされていると思いますが、その現象が実はシャンプーの際に起きているのです。

原料にシリコンや油分等が含まれているので、目立ったゴワつきがみられないのはその為です。

そして塩と髪の間では浸透圧が違うので、塩が髪の水分を取ってしまいます

塩は髪に残りやすいので常に乾いてしまう状態を作ってしまい、タンパク変性を起こして白っぽくなる作用もあります。

塩を配合すると泡立ちが良くなりとろみも出て安価なため、コストダウンを図るために多くの企業が原料でつかっています。

PG(PPG)は保湿剤として成分表記される場合もあります。

この保湿とは人の頭皮や肌に対しての保湿ではなく、製品の粘度や湿度を保つための保湿剤として使用されます。

市販の多くのシャンプーに含まれている原料で石油系の化学物質です。

PG(PPG)の特徴を以下に挙げていきます。

・分子構造が細かい
分子量が3,000以下の大きさで表皮に浸透し、800以下の大きさで細胞に浸透し、75以下の大きさで血管にまで浸透します。PG(PPG)は76の大きさで細胞に浸透し体内を巡り肝臓、腎臓、心臓、脳の障害を招く可能性があります。

分子構造が細かいために化学物質と結束して身体の中へ誘導する。

・ジオキ酸という発がん性物質を含む
アメリカの研究ではジオキ酸は取り除くべきだという結論が出ていますが、実行に移している会社はほとんどありません。

・染色体異常を起こす可能性がある。

・飲み込んでしまうと内臓障害がある。

箇条書きをみると劇薬の様に思えます。

大手企業は市販のシャンプーには大量の水などで希釈して即毒性がない様にして扱っています。

長期にわたっての使用はなるべく避けたいものです。

ちふれクリームシャンプーは企業イメージとは裏腹になかなか刺激性の強いハードなシャンプーだということが分かりました。

敏感肌やアトピーの方以外でも経皮吸収で毒性判定のある成分が蓄積されていくので、使用は控えたほうが良さそうです。

ちふれアミノシャンプーならば比較的安全性が高いといえます。

しかし洗浄力が弱いという口コミがかなり多く、髪の汚れを落とせるかどうかというレベルでしょう。

敏感肌やアトピーの方にはまだおすすめできるシャンプーですが、物足りないと思う方も実際には多い様です。

コメントを残す

コメントを残す