ORP値 シャンプー 雑学

ORP値 シャンプー 雑学

シャンプーの指標ではPH値がよく用いられます。

PH値は水素イオン濃度を測定して酸性かアルカリ性のどちらに傾いているのかを示すものです。

シャンプーの善し悪しを測る指標としてはあまりあてにはなりません。

そこで最近、注目されている指標がORP値です。

ORP値 シャンプー 雑学

ORP値は簡単にいうと水素だけではなく、物質の持っているイオン全体の電流の流れる力の量を測定します。

単位はmv/h(マイクロボルトアワー)と表し、その物質の持っているパワーを測ることができます。

そしてこの数値によってシャンプーが低刺激かどうかも分かります。

数値が高いほど酸化しやすく、商品力を見極めるには数値が低いほど良いとされます。

因みに体液は10mv/hで水道水は400mv/h前後を指します。

市販のシャンプーは600~800mv/hを指し人体や環境にも負担が大きい商品が多いのが現状です。

水道水よりも低い値のシャンプーならば、その商品は良質といえると思います。

コメントを残す

コメントを残す