リンスインシャンプー シャンプー 雑学

リンスインシャンプー シャンプー 雑学

リンスインシャンプーの原理や分析・解析ついてご紹介します。

リンスインシャンプーに髪を健康にさせる効果はありません。

リンスやトリートメントには多くの商品の原料でカオチン(〇〇クロリド)という界面活性剤が含まれています。

カチオンの役目は製品をクリーム状にさせたり静電気を抑制させる働きがあります。

Rinse in shampooしかし、一方でカチオンは刺激が強い化学物質でフケやかゆみ、赤み、敏感肌、アトピーの原因にもなります。

カチオンはとろみを保つ機能があるので髪に付着してまとまりを演じたり、艶を演出することが出来ます。

リンスインシャンプーとはこのカチオンという化学物質が通常のシャンプーに含まれているというシンプルな仕組みです。

しかし、通常のシャンプーには髪の健康状態を台無しにする様々なトリックがあります。

大きな要素として〈石油系界面活性剤〉が挙げられます。

〈石油系界面活性剤〉は強力な洗浄効果を持ち、髪をパサつかせてしまいます。

そして〈石油系界面活性剤には〉タンパク質を破壊する性質も持っているので髪のキューティクルのダメージを進行させます。

また〈塩化Na(塩)〉も多くのシャンプーに含まれており、頭皮や髪に悪影響を及ぼします。

海に入った後に髪がゴワついたという経験は多くの方がされていると思いますが、その現象が実はシャンプーの際にも起きているのです。

原料にはカチオンをはじめ、シリコンや油分等が含まれているので目立ったゴワつきが一見するとみられないのはその為です。

他にも、塩の作用として

塩と髪の間では浸透圧が違うので、髪の水分を取ってしまいます。

塩は髪に残りやすいので髪が常に脱水症状になっている方も多いです。

そしてリンスインシャンプーを長期間使用を続けていても、カオチンやシリコン、合成配合された油分だけではこれらの髪のダメージを補いきれず、パサつきやゴワつきが出てきます。

関連コンテンツ

コメントを残す

コメントを残す